ペットの鳴き声など 防音対策 防音工事 自作

ペットの鳴き声など

ペットの鳴き声など

 

アパートやマンションでペットを飼っている方は大勢います。
また同じ集合住宅に住んでいる方からすれば、集合住宅でペットを飼うことは「非常識だ!」と思われている方も多いようです。
ですがペットを飼っている方からすれば、ペットを家族と思っているので、なかなか問題は解決しません。
しかも周囲の方にペットの鳴き声で迷惑をかけたからといって、すぐに引越すというわけにもいかないでしょう。
ここではアパートやマンションなどの集合住宅でペットを飼っている方が、どのようにすれば近隣の住民の方へ迷惑をかけることなく、快適に生活できるかということについて見ていきましょう。

 

1、ペットの足音
下の階へペットの足音が聞こえる場合は、防音マットを敷くのが良いです。
もちろん防音マットを敷くことで人間の足音も防ぐことができます。

 

2、ペットの鳴き声
ペットの鳴き声が漏れるのを防ぐには、防音カーテンや遮音カーテンを取り付けるのも効果的です。
ですがペットの鳴き声はよく通るので、防音カーテンだけでは防ぎきれない場合もあります。
その場合は防音壁などを壁に取り付けることをおすすめします。

 

3、防音壁を取り付ける
部屋に防音壁を取り付ければ、ペットの鳴き声が周囲の住民の方へ聞こえにくくなります。
ペットの鳴き声は振動となって壁を伝わって行きますから、防音壁で振動もカットできます。

 

4、きちんとしたしつけを
防音することも重要ですが、きちんとしたしつけをすることが第一です。
きちんとしつけをした上で、周囲への配慮として、防音対策を施すのが王道です。

 

5、他人の家のペットがうるさい場合
「隣のお宅のペットの鳴き声がうるさい」という場合はどうすれば良いのでしょう。
まずは大家さんに相談するのが良いでしょう。
それでも解決しない場合は、直接ペットを飼っているお宅に苦情を言います。
ですが頭ごなしに文句をいうのではなくて、あくまで平和的に解決するように心がけましょう。
ペットの鳴き声が静かになっても、お隣さんとの関係がギクシャクしてしまったら大変です。

 

以上に様々な鳴き声への対処方を挙げましたが、どれか1つだけ対策を施せば完全に解決する、という訳にはいかない場合もあります。
その場合は、複数の防音対策をすることによって、相乗効果的に鳴き声をシャットアウトしていきましょう。