集合住宅での生活音 防音対策 防音工事 自作

集合住宅での生活音

集合住宅での生活音

 

集合住宅では多くの方が住んでいるので、ご近所での騒音トラブルにも気を配りたいもの。
自分では隣や下の階に住んでいる方への配慮をしていると思っていても、他人の家の生活音は結構気になるものです。
「普通に生活しているだけなのだから、多少の生活音は仕方ない」と思っている方もおられます。
ですが、その生活音がどうしても気になってしまうという方もいますので、周囲への配慮として、最低限の生活音対策をしておくのがベストです。
ここでは集合住宅で周囲の住民の方と快適に過ごすために、一般的な例を挙げ、その対策について見ていくことにしましょう。

 

1、足音や子どもが走る音
アパートやマンションにお住まいの方の中には、上の階に住んでいる住民の方の足音などを気にする方も多いです。
また特に深夜や早朝に起きている方は、下の階への配慮も必要です。
足音な子どもが走る音などを防ぐには、床への防音対策が必要です。
床の防音対策として、じゅうたんやカーペットを敷くだけでも、ある程度の足音や振動は防ぐことができます。
ですがお子さんがいるご家庭などでは、それだけでは生活音を防ぎきれない場合もあります。
そんな場合は専用の防音マットを設置すると万全です。

 

2、隣のお宅への音漏れ
これも集合住宅での近隣トラブルの原因となります。
テレビの音や話し声など、自分では大きな音だとは思っていないような大きさでも、部屋に響いて隣のお宅にも聞こえていることだってあります。
音漏れを防ぐには、壁面を防音するのが効果的です。
壁に設置した防音建材が音の振動を吸収してくれ、隣のお宅まで音が届かないようにしてくれます。
防音設備を設置するのは工事が必要だと思っている方も多いですが、簡易的な設備であれば個人でも簡単にできます。
ワンタッチで設置できる防音壁をはじめ各種吸音素材などが、さまざまなメーカーから販売されています。

 

3、周辺の住宅への音漏れ
ドアや窓の防音は案外見落とされがちです。
自宅で楽器を演奏する方やペットを飼っているお宅なども、ドアや窓に防音設備を施せば、ペットの鳴き声が外に漏れることも少なくなるでしょう。
ドアや窓周辺の防音グッズとして、ドアを閉めた時のわずかな隙間を埋めてくれる「すきまテープ」、窓の防音性能を高めてくれる防音カーテンといった商品が発売されています。