防音対策無料情報 防音壁・防音カーペットなど

集合住宅での生活音やピアノなど楽器の音が気になりませんか?
集合住宅でも防音対策ができるのはご存知でしたか?

 

私自身の体験をもとに防音対策についてまとめてみましたのでご参考にして頂きましたら幸いです。

 

 

 

防音の種類

 

一口に防音と言っても、その種類にはさまざまあります。
ここではいざ室内の防音をすることになった時、防音方法で迷わないように4つの防音の種類について見ていきましょう。

 

防音の種類その1:吸音
吸音とは、音の振動が壁などにぶつかった際に吸収され、振動エネルギーが失われることを言います。
室内で発生した音が必要以上に壁に反射してエコーのような現象が起こってしまう場合に、吸音対策を施すというのが一般的です。
また音を吸収しやすい素材のことを「吸音材」と言います。
吸音材には小さな穴がたくさんある素材や繊維質のような、音の振動を反射せずに通過させる素材が適していると言われています。
吸音素材の例としては、ロックウールやグラスウールなどがあります。

 

防音の種類その2:遮音
遮音とは、その名の通り音を遮(さえぎ)ることを言います。
室内の音を外に漏らさないようにしたり、室外の音を遮って室内に聞こえないようにしたい場合に遮音対策を施します。
一般的には、重量が重い素材ほど遮音効果が高いと言われています。
遮音材としては、石膏ボードや遮音シートなどがあります。

 

防音の種類その3:制振
制振とは、音の振動を短時間に抑えることによって防音させる方法です。
エアコンを始めとする家電製品など、振動を伴った音を防ぎたい場合に、制振対策が取られます。
制振材の例として、制振対策用のゴム、アスファルト、鉛シートなどが挙げられます。

 

防音の種類その4:防振
防振とは、振動をおさえる対策のことを言います。
具体的には、2階建て以上の建物で下の階に振動を伝えないようにしたりする場合などに行われます。
フローリングに絨毯(じゅうたん)を敷くだけでも防振効果がある、というのは知っている方も多いことでしょう。
ですが防振するだけでは振動対策は不十分な場合もありますので、制振対策など他の防音対策と一緒に合わせて行われることも。
防振材には、防振ゴムやフェルトなどが使用されます。

 

基本的にはこのような4つの仕組みを理解しておけば、目的に応じた防音対策をすることができます。

防音マメ知識

ここでは防音の基本、「音」について見ていきたいと思います。
人の声をはじめ音は身近にあるものですが、私たちはその大きさがどのくらいかということを、あまり意識せずに生活しています。
音の大きさを知ることは防音への第一歩となります。

 

1、dB(デシベル)とは
音の大きさや音圧を表すにはdB(デシベル)という単位を使います。
目安として、昼間の住宅地の騒音は40〜50dBくらい。
70dBくらいになってくると電話のベルや市街地の騒音くらいの大きさで、「うるさい」と感じる方も多くなってきます。
そしてピアノの音の大きさは80〜90dBだとも言われています。

 

2、マンションや和風建築の建物では、どのくらい遮音性能が違うの?
建物の建材や構造が違うだけでも、遮音性能は違ってきます。
例えばコンクリート建築のマンションなどは遮音性能が50dB前後だと言われています。
ピアノの音は90dBすると、遮音性能の50dBをはるかに超えていますので、集合住宅などでは、隣りのお宅にピアノの音が漏れてしまうのがお分かりいただけると思います。
ちなみにペットでよく飼われる犬の鳴き声も90dBほどあり、人間でも大きな声をだすと90dBくらあります。
一方、木造建築などの和風住宅の遮音性能は35dB前後。
マンションなどよりもさらに音漏れしやすい環境になっています。
以上のことからも分かるように、集合住宅にお住まいの方やペットを飼っている方、楽器を演奏する方などは、意識して防音対策を取り入れる必要があります。
たった数dB変わるだけでも音の聞こえ方が大きく違ってくることもありますので、「防音」がいかに大切かということがお分かりいただけると思います。

 

3、大きさ以外のこと
防音設備を設置する場合「音が隣のお宅に伝わらなくすればよい」というわけではありません。
防音素材には振動を吸収するものだったり、音の振動を吸収して反射しないようにするものなど、さまざまな種類があります。
たとえば楽器を演奏する方の場合は、音が室内響きすぎて楽器のニュアンスが聞き取りにくくならないように音の反射を抑えた防音設備にする、というふうに、部屋の使用用途によって必要な防音設備が変わってくるのです。